• 50x10.png50x10.png50x10.png和文化で、世界と繋がる・宇宙と繋がる。茶釜Self Cafe. Ermot

トップ | メニュー| アクセス| コンセプト | お問合せ | 通販 |

和風・相席・セルフカフェ
5x5.png
茶釜セルフカフェ・エルモットは、相席でお茶を飲みながら
和み、リラックスする空間です。

日常的に緊張して、“和めない” 方もリラックスできるように
様々なメニューもご用意しています。

ここを訪れる人が、お茶を飲みながら、繋がり、向上し、平和が広がってゆく。
そんな空間になりたいと願い、飲食や体験のメニューをご用意しています。

5x5.png

営業時間
10時〜17時
(ヒーリングは22時まで対応)
定休日
水・木
(祝日の場合は開店します)
電話
048-579-5646 / 090-7203-3553

5x5.png
今のところ一人で運営しているので、臨時に休業する場合もあります。
事前にご確認いただけると確実です。
5x5.png

ヒーリングで癒されて、余分なものを削ぎ落し、
本質に帰るための空間です。

5x5.png
5x5.png

ヒーリングに必要な要素とは? 1. 余分な力が抜けて、リラックスできること。 2. 周りの人や自然と「繋がっている」気がすること。 3. 今まで気づかなかったことに、気づくこと。

「ヒーリング」とは「癒し」のことです。
「癒し」とは、「自然体でいられる状態」に戻ることです。


エルモットは、本来のあなたに戻れるよう
さまざまな工夫を凝らした、ヒーリングカフェです。


ヒーリングカフェとしての工夫 1. 食料品は、なるべく無添加の、自然な素材を選んでいます。 2. 細胞が喜ぶように、家具の素材に活性セラミックを混ぜています。 3. 周囲の人と繋がって会話を楽しめる、相席スタイルのカフェです。 4.「気づき」が得られるような講座やライブを開催しています。 5. 占いやヒーリングの個人セッションも行っています。

なぜ癒しが必要なのでしょうか?


癒されると、どうなるでしょう?1. 無理なく自然体で、個性や才能を発揮します。 2. より高次の判断ができるようになります。 3. 愛し愛される力が高まります。



ぜひあなたも、エルモットで気楽にお茶を飲みながら、癒されて、
本来の自分らしさを取り戻し
元気に人生を謳歌してくださいね。

お店のコンセプトは「相席」。他生の縁を楽めるカフェです。
5x5.png

大きめのテーブルがひとつ。
たまたま同席した人と「袖触れ合う縁」を楽しむ。
そんな、セルフサービスのカフェです。

たまたま同席した人と、簡単な会話を楽しむ。
お互いに、お茶を点れ合ったり、相手の話を聞く、
そんな日常のひとこまを「価値あるもの」として遠慮なく味わえる空間。
こんなカフェになれたらと願っています。

会話を繋ぐ「卓上ゲーム」などの小物も、テーブルにご用意しています。
5x5.png
5x5.png

ヘルシーな、日本の伝統的飲み物

ゆず茶、昆布茶、くず湯、しょうが湯、抹茶、
梅昆布茶、大福茶、おしるこ、サイダー、… など

5x5.png

① お湯や水を注ぐだけの、手軽なメニューを豊富に用意します。
② なるべく天然・オーガニック・素朴な素材を選んでいます。
③ 自分のために、誰かのために、セルフでお作りください。

5x5.png
5x5.png

店名の「エルモット」は、水の妖精の名前です。

縁むすび子宝霊水と言われる
「日本水(やまとみず)を茶釜で湧かして、
お茶と交流を楽しむ相席カフェです。

日本水.jpg埼玉県で唯一「名水百選」に選ばれている「日本水」は、
ヤマトタケルが東征の折、
戦勝を祈願し御剣を岩壁に刺すと湧き出た、と言われています。

名水百選の「日本水」、 水源の森百選の「日本水の森」、
そして町全体が「水の郷」に、それぞれ国から認定されている
「水の三冠王」という、素晴らしい環境です。

茶釜で沸かすことにより、四大元素が整い、
さらにエネルギーの高いお湯になるので
心も体も自然と調和しやすくなります。

日本水に関しては、多くの人が関心を寄せて、詳しく解説しているサイトもあります。
http://koshitatu.com/?p=4455
http://mishmash1.blog130.fc2.com/blog-entry-277.html
http://www.travel-guide.jp/11stm/yamato/yamato01.html

「茶釜Self Cafe. Ermot」は、
霊水の氣を肌で感じてもらえるように
茶釜で日本水をいつも湧かして、空間を潤しています。

インテリア・コンセプトは、「屏風」と「千代紙」

空間に合わせて形を変化させフレキシブルに使える、
日本的なインテリア「屏風」。

ユネスコ世界遺産にも認定された「小川和紙」にプリントして
屏風に今風な斬新さを加えています。
移動や拡張も簡単。日本の伝統を生かした新しい家具です。

和紙を板や布に貼って作っています。
糊の中にはFUF(活性化セラミック)をたっぷり入れていますので
座っているだけで、元気になってくる空間です。

内装.png

5x5.png
5x5.png

和む・癒されるためのセミナーやライブ。

和む・繋がる、自分らしく居られる…
それを実現されている様々な先生方に、
ゲストとして登場していただく予定です。

講師.jpg① 和文化
日本の伝統文化は「和文化」と呼ばれ、
周囲と調和し和む、リラックスする要素が満載です。
緩むことで本来の素の自分に戻りやすくなります。

② ヒーリング
整体など、肉体を調整するものから
スピリチュアルな精神性に作用するものまで
心身を癒す要素があるものを幅広く扱います。

③ コミュニケーション
人間は他者と協力しながら生きてゆく必要があります。
周囲とコミュニケーションがスムースになると
それだけでも非常にラクに生きられる可能性が高まります。
意思疎通が上手くなるための楽しいセミナーも開催します。

写真は、私の友人・知人や先生方です。
私の願いを知ってくださっているので、
イベントへの協力了解をもらっています。


5x5.png
5x5.png

和文化とは?

「負けるが勝ち」の精神で相手を優先し、
自分の利益にこだわらず、より大きな喜びを創りだす。
おおらかな和文化には、精神性を高める要素が満載です。

人種.psd人種について考えてみると、黒人の人たちは身体能力がとても高く、飛んだり跳ねたり走ったりだけでなく、視力や聴力も抜群です。また、欧米の人達の知性は非常に高く、学問を求める多くの人が欧米の高等教育機関へ留学しています。そして、アジア人の特徴は精神性、スピリチュアリティと言えるのではないでしょうか。精神的な能力、集中力や洞察力、直感力、そのような、見えないものを感じ取る力は、インドや中国だけでなく日本人の中にもしっかり存在しています。その精神力を高めるために、武芸の「道」を歩む先人たちに和文化を学ぶことは大変効果的です。
精神性が向上すると、個人の能力は向上しますが、それだけでなく、今まで気づかなかったことに気づき、心がおおらかになり、和み、リラックスできます。周囲を優先させる余裕が生まれます。その結果、周囲と繋がり、平和な気持ちが広がってゆくのではないでしょうか。自分を高めながら、周囲と調和できる。そんな和文化を、気軽に楽しんでいただきたいと願っています。


5x5.png
5x5.png

和文化の稽古とヒーリングの関係

「体験」そのものが「癒しの性質を持つ」和文化。

「削る稽古」で自分の本質に戻ります。

能楽練習.jpg人間はは、子供から大人に成長する間に、ポジティブなものもネガティブなものも沢山身につけます。

生き延びるために知恵もつけば、癖もつき、歪みとノイズでイッパイなってしまいます。
その状態は、パソコンがメモリー不足になって機能しなくなるのと同じだと言えるのではないでしょうか。

すると本人の持っている能力が発揮できなくなり、その結果、社会的にも行き詰ってしまいます。


和文化は、武芸いずれの分野でも、大抵、まずは「型稽古」から入ります。
「型稽古」というのは、パワーやテクニックを付け加えるのではなく、
「無駄・ノイズ・力み・邪心・心身のノイズ」を一定の型を繰り返す中で発見し除去する、
つまり「削る稽古」と考えられます。

マイナス要因を削り除去すればするほど、本当に必要な力や能力が顕在化します。
それが、日本の文化の本質の、一端ではないでしょうか?

和文化の武芸は、円熟のピークが60才頃とも言われます。40代、50代では、まだまだ余地があるのです。

稽古して、余計なものを削ぎ落し、本来の素の自分に戻る。「機能不全」の人が、「普通」に戻る。
その術が、日本文化に見出すことができるのです。
しかも、武芸・遊芸(歌舞音曲など)・茶道・書道・絵画にいたるまで、
多義に渡っているので、その中から自分に合った修行を見つけることができるのです。

「達人」とは、「究極の普通人」。
視点が変われば概念も変わり、また人生も変わってゆく可能性が高まります。

5x5.png
5x5.png
5x5.png
5x5.png

店名の「エルモット」は、水の妖精の名前です。

「エルモット」とは、美しい、水の妖精の名前です。

ERMOT-MARK.jpg

妖精エルモットは
人の心に働きかけ、する気持ちを呼び覚ます力を持っています。
しかし異次元に生きているので、人間にはなかなか見えません。

茶釜SelfCafe. Ermotは、
エルモットのような
異次元の生命と出会える空間を作ります。

5x5.png
5x5.png
5x5.png
5x5.png

次元とは?

※見解は色々あります。分かりやすさを優先して、かなり簡略化しています。これが全てではありませんのでご注意ください。

1次元  「点」 樹木のように、動けない状態  
       
2次元  「平面」 草花のように、前後左右に動ける   平面しか認識できないので、例えば、石が落下してきても、平面に届くまで気づかず、届いた瞬間、「目の前に突然、石が現れた!」と感じます。
       
3次元  「立体」 動物や人間のように、タテ・ヨコ・高さの自由がある。   タテ・ヨコ・高さのある「物質」を分析して人間は科学を発展させてきました。磁力や引力などの「目に見えない力」も証明しています。
      しかし「人間自身」の引力、周波数や波動を変化させることは現在まだほとんどできていません。
4次元  「波動」 バイブレーション。高低がある。高い波動は創造的で、歓喜から低い波動は破壊的で、怒りや悲しみから生まれます。   人の「ご縁」などは、波動の次元で見ると明確になります。
「人は自分の鏡」「類は友を呼ぶ」はその一端の現れです。
       
5次元  「時間」 波動の先に、どんな未来があるか、元々どのような過去だったのか、わかる。時間軸を移動できる。   物質世界から見れば、時間軸を移動する存在は突然消えたり現れたりする、恐ろしい存在に感じます。

5x5.png
5x5.png
「宇宙は完璧にできている」と言われています。
3次元から見ると奇跡的なことも、またどんなに不条理なことも、
上の次元から見ると因果関係が明確になり、腑に落ちます。

次元上昇すると、問題解決の可能性が広がります。

5x5.png
5x5.png

次元上昇するために

※見解は色々あります。分かりやすさを優先して、かなり簡略化しています。これが全てではありませんのでご注意ください。

眉間にある「第三の目」を開くと、4次元・5次元を認識できます。

人間の体は、3次元の「肉体」と4次元の「オーラ」があります。
肉体には胃腸などの「器官」があるように、オーラにも「チャクラ」と呼ばれる働きがあります。
第六チャクラは「第三の目」「サードアイ」などと呼ばれ、見えないものを認識する働きをします。

第三の目が開いた状態を、「次元上昇」と呼びます。
(見解は色々ありますが、当カフェでは、わかりやすさを優先して、このように定義します。)

肉体に栄養が必要なように、「オーラ」にも栄養が必要です。
心身のヒーリングも、オーラの栄養になります。
ヒーリングすることにより、オーラやチャクラが機能します。
ヒーリングの基本は、「安定」です。
そのためには四大元素(土・水・風・火)を揃えることが必要です。
茶釜には、これがすべて揃っており、蒸気を空間に満たすことにより、ヒーリングを促進します。

厳しい修行によって第三の目を開くのではなく、
もっとラクに楽しくゆっくりと変化を愉しみながら、
異次元への扉を開ける提案です。

茶釜SelfCafe. Ermotは、
水・食事・講座・芸術など多角的にヒーリングを促す空間です。

5x5.png
5x5.png

「天国に一番近いカフェ」?

天国にはお金がありません。 生きているうちに、いくら稼いでも、お金を天国に持っていくことはできません。
しかし、お金に変わるものがあります。 それは「心」であり、「心」から発振されている「波動」です。

「嬉しい、楽しい、ワクワク!」の快適な波動を出している人は、妖精や天使たちにとってはお金を振りまいているのと同じです。
ですから天使たちが、快適な波動を放つ人の役に立ちたいと願い行動するのは自然なことです。
しかし「怒り・憎しみ」の波動を振りまいている人は排気ガスをまき散らしながら歩いているようなものですから、天使たちは逃げてゆきます。

人間が死んだあとに行く世界は、非物質の世界、波動の世界です。
天国で楽しく生きてゆくためには、嬉しい・楽しい波動を出せるほうが、便利です。それは、人間社会での「お金持ち」と同じだからです。

そして、天国とは、長ーいお箸を持って、みんなでテーブルを囲んでいるような所だと言われています。
長過ぎるので、自分では食べられません。自分が持っているお箸は、他人を食べさせてあげるために使います。

人が望んでいることをしてあげる。 人に、お願いして、やってもらう。 これが天国です。

他の人に対して、何かやってあげられることが多いほうが、より快適に暮らせます。
さらに重要なのは、何を望んでいるのか、自分の口できちんと伝えられることです。

望みを人に叶えてもらうのですから、人に依頼できなければ天国ではありません。
Yes, Noを遠慮なく言える。仮に断られても気にしない。そんな健全な心が必要です。


エルモット・カフェは、子供が仕事体験をして学ぶ「キッザニア」のように、
人間が寿命を全うした後に困らないための、天国の予行演習ができる場所です。

相手の望みを叶えてあげる。自分の望みを叶えてもらう。そんな天国の住民になるための予行演習ができるカフェです。
ヒーリングして、自尊心を回復し、自分の望みが言えるようになり、波動を感じて、オーラを活性化して、チャクラや第三の目を開きます。

茶釜SelfCafe. Ermotは、
四次元・五次元を意識して、三次元の卒業に備える場所なのです。

5x5.png
5x5.png

エルモットが目指しているもの

茶釜SelfCafe. Ermotは、

  • *ヘルシーな飲み物(軽食も少し)
  • *快適な空間
  • *意識が変わる講座やライブ
  • *マンツーマン・セッション(整体や各種ヒーリング)
  • *関連グッズの物販

これらの提供を通して、次元上昇する人を応援します。

「セルフサービス」で展開することにより、障がい者でも働ける環境の整備も目指しています。


次元上昇した人が増えて、様々な問題を解決することによって
「平和な地球の創造」に貢献したいと願っています。



5x5.png
5x5.png

将来へ向けて

茶釜SelfCafe. Ermotは、

  • まずは寄居に根ざして基本を作ります。

その後、多店舗展開を目指します。

アーティストや講師を派遣して、世界中の人が、どこでも異次元の扉を開けられる機会を提供します。

共に働き、価値観を共有できた人たちに「のれん分け」をしたり
既存店と「提携契約」するなどの形で、講師やアーティストを派遣します。

ヒーラー、カウンセラー、和文化を中心としたアーティスト、
治療家、超能力者も募集しています。

情報提供、素材提供、資金援助、各種サポートなど
ご協力をよろしくお願いします。


次元上昇した人が増えて、様々な問題を解決することによって
「平和な地球の創造」に貢献したいと願っています。



5x5.png
5x5.png

さらなる未来へ

マズロー.jpg
心理学者マズローは
「人間は、低次の欲求が満たされると、メタ欲求、自己超越を求めるようになる」
という「欲求段階説」を唱えました。

そして
自己超越者たちによる、非物質的な新しい文明社会
「ユーサイキア」が誕生するだろうと言いました。

茶釜SelfCafe. Ermot のネットワークは、、
健全な公利公欲を追求するコミュニティとして発展します。


5x5.png
5x5.png

今後、クラウドファンディングなどの活動を通して
事業を拡大してゆこうと考えています。

金銭面の協力も、実際に作業していただく労力も、
どちらも必要です。
ぜひ、ご協力をよろしくお願いします。